2005年07月16日

八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 8/ みどり池へ_05-07/15(金)・16(土)

さあ、いよいよ歩き出そう!

9:25
05-0716_heading_for_Midori-.jpg

再び原生林へ。登山道に入ってスグに立派なキノコの群生に遭遇。サスガは八ヶ岳。スグにキノコだ。そのうちの一枚をアップで撮った絵がコレ↓

kinoko.jpg


キノコファン&ビギナーのオレとしては、もう狂喜乱舞。嬉しいなぁ。そしてこんなに立派なキノコの名前を知らないなんて。。。
帰ったら調べよう(と言いつつまだ調べていない。ご存知の方、是非教えて下さい)

こうしてオレは憧れの八ヶ岳の核心部分へと入っていった。ついに、ようやく、だ。
原生林、苔、キノコ、フィトンチット

しばらくはこまどり沢に沿って歩いた。勾配もキツくはなく、八ヶ岳の森を堪能しながら楽しく歩くコトができる。
程なく、有名なトロッコの軌道が現れた。


八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 7/ みどり池入口・外人ハイカーとの出会い_05-07/15(金)・16(土)

朝からワインディングがキモチ良く、またまた
『♪Everyday is a winding road♪』とゴキゲンだ。

国道299号メルヘン街道から県道480号に右折で入り、更に途中『稲子湯方面へ』右折。ここからはいかにも林道という風情だ。でも舗装路だし道幅もそれ程細くはない。
不意に人や駐車車両が現れた。良く見ると目的地の“みどり池入口”だ。
ちょっと勘違いして、稲子湯→みどり池入口だと思っていたけど、このルートなら最初にみどり池入口だった。

05-0716_@midori-ike_entranc.jpg

平凡な時間になってしまったし土曜日なので車が停められるかどうか、満車になっていないかが心配だったが、まだ5台程しか停まっていなくて余裕があった。良かった良かった。
すぐ横を結構な水量の沢が流れていた。この後しばらく横を歩くことになるこまどり沢だ。
サスガにメジャーな八ヶ岳だけあって結構人がいた。登山道に向かって歩き始める人。車のところで何やら準備をしている人。あの人は釣りだろうか。

05-0716_fit@midoriike_entra.jpg

さぁ、準備だ。
もう重いバックパックを背負って歩く必要はない。
『コレは要らない、コレ要る』と荷物を選別。不要なものは車に残し、必要なものだけチョイスしてバランスライト40に。
もう幕営の道具は不要なので、当然ザックの大きさに比べて荷物はスゴく少ない。殆どのバックパックはこういう時の為に“絞る”コトが出来るようになっている。

サスガに土曜日だ。この短時間に数組のハイカーが登山道に向かって歩いて行く。
『早く歩き始めたい』と思って準備していると不意に隣の隣の車のところで同じように準備をしていた人に話かけられた。
「スイマセン、ここのバス停は何と言うのですか?」
お、外人だったのか。白人だけど何人なのだろうか?
「ひらがなは読めるけど漢字はヨメマセン」
「バス停? Bus stop ?」
バスで来てないから分からないなぁ。。。
「ちょっと待って」
と言って地図を持ってくると、
「みどり池入口ですね」
まんまだった。
その後、「ハイキング?フィッシング?」などと話していると彼の口をついて「OK」と出てきた。
ニヤ〜リ
英語圏じゃん。
ここから英語混じりでしゃべり、会話が弾み始めた。
何故かは分からないが英語圏の人間としゃべるときは先方が多少日本語がしゃべれても、英語の方が楽だ。日本語でしゃべろうとすると、不思議とこっちの日本語もカタコトになってしまう。ナンデ?
言いたいことを日本語でまとめて言葉にしてしゃべるのがヒドくもどかしい。
英語の方が思いついた瞬間スラスラと自然にしゃべれる。オレは外人かよ(w

彼は甲府に住んでいて英語の先生だそうだ。場所柄八ヶ岳にはよく来るという。羨ましい。
しばらくしゃべって
“Have a nice weekend !”
“You,too. Have a lovely day !”
などと言って別れた。彼はスグに歩き始めた。あ〜、もう、オレってば準備に時間かかるからなぁ。

トレッキングシューズ・Nike Air Wallowa MID GT に履き替えてアキレス腱をストレッチ。
モンベルのベントグリップ・トレッキングポールの長さを調節し、いよいよようやくスタートだ。
で、スタートはこっちの方向で良いのかな。。。(w

八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 6/ 本沢温泉へ_05-07/15(金)・16(土)

昨夜は21時に早々に寝てしまった。
0時までは酔いもあってか熟睡したが、0時頃目が覚めてしまった。その後なかなか寝付けなかった。久々何年ぶりかで山の中で独りでキャンプなので正直なところナーバスになっていたのかもしれない。
プラス、意外と暖かかったので寝袋がオーバースペックで暑くて寝苦しかったのかもしれない。

5:00
うつらうつらしながら寝ては起きを繰り返し、結局 5時起床。

05-0716_nete.jpg


昨日青苔荘の人に聞かれた時は「北八、天池、双子池方面」と答えた。本沢温泉方面じゃなく北八方面に変更したのは、分かり辛い表現かもしれないが、ガンダムに例えるとシャアの「作戦は失敗した。撤退する」っていうメンタリティと同じかもしれない。
でも、やっぱり当初予定の本沢温泉をメインに目指すコトにした。
スタートが本沢温泉じゃないから、まったく同じプランはムリ。で、本沢温泉をメインに据えて歩くコトにした。

05-0716_taku.jpg


ゴハンを炊いた。スノーピーク / snowpeak の焚(たく)を使って炊いた。久々だったからか、標高2000m で気圧が低いからか、とにかく失敗。。。
(´・ω・`)

dry.jpg


ゴハンを蒸らす間に撤収も。自分の体から出た水蒸気で結構濡れていた。フライシートを外して干し、インナー共々乾かしているの図

6:30
05-0716_curry.jpg

と言う訳でカレーライスが出来ました。中村屋のインドカレー(チキンカレー)
コレがおいしくなかった。。。
(´・ω・`)
中村屋のインドカレーは普通の状態で食べれば、きっと美味しいと思う。
飯炊きに失敗したのが敗因だろう。
プラス、ゴハン1.5カップは多かった。。。
カレーとのバランスも悪かった。しかも、おいしくないし。。。
ぁぁ、スゲー悔しい。

で、結局全部食べられず、残してしまった。。。
普段ゴハンを残すというコトは殆どない。よっぽど不味かったんだなぁ。


ゴハンを終えて撤収。
8:00
青苔荘に一言挨拶をして一夜の宿とした白駒池を後にした。
5時に起きたのに出発が遅くなってしまったなぁ。簡単な朝食を作って食べて、撤収しただけなのに。やっぱりトレッキング / バックパッキング(backpacking)でのキャンプは初めてだったので不慣れ=時間かかるというコトか。この辺は次回以降スピードアップして行きたい。

駐車場までは舗装路 / メルヘン街道を歩いてしまった。ホンの少しだったからね。
昨日普通に停まっていたのは我がフィット(Fit)だけだったのに、今朝到着すると既に沢山の車が停まっていたのでビックリした。土曜日だしね。

05-0716_parking.jpg

青苔荘のトイレを使う気になれなかったのでココのを利用。でもまぁどちらも“山のトイレ”なので大差ないか。

2005年07月15日

八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 5/ キャンプ@白駒池_05-07/15(金)・16(土)

7月も中旬で日はまだ充分長い。暗くなる前に夕食の準備だ。
一度小屋に戻りトイレを済ませた。トイレは小屋から少し上った屋外にある。何気に眺めが良かった。トイレは所謂“山のトイレ”だ。
小屋の横に蛇口が潤沢にあり、水場と水に不自由することはない。水を汲んでテン場に戻った。

17:50
ランブリ・ソロの前にシートを敷き、ソロ用のテーブルと座椅子をセットした。座椅子はモンベル製のホルダーの中にマットを組み入れたクレイジークリーク様のモノだ。
ソロ用のテーブルは無印良品。無印良品のアウトドアグッズは珍しいかもしれないがたま〜に買えたりする。この手の商品としてはスノーピークの“BAJA”とかが有名かな。ボクのマットが“アルパイン・デザイン社”製だが、ここから出ているソロ用テーブルもコストパフォーマンスが高くて良いと思う。スポーツオーソリティで売っている。

2005_0715_175034AA.JPG

2005_0715_180256AA.JPG

後でへべれけになってしまってもスグに寝られるように寝袋を広げておいた。実はこの寝袋は自分で買ったものではなく姪・甥がウチに置いておいたものを借用。“Walk about”というメーカーのもの。実は今回はオーバースペックでちょっと寝苦しかったようだ。
ホルダーに組み込む前のマットも広げてある。セルフインフレータブル。“Alpine Design”はとにかくコストパフォーマンスが高い。これも充分なスペックだった。
今回は左側に自分が寝て右側に荷物を置いた。これは次回改善の余地があるかもしれない。でも、上下にはもう余裕がないかな。

2005_0715_180304AA.JPG

今回、ヘッドランプはぺツルの“ティカ・プラス”を持って行った。今回購入したものだ。
以前は写真のマグライトを使っていた。マグライトは色々なアクセサリーをサードパーティが出していて楽しいがコレもその一つ。ヘッドバンドになっていてこれでマグライトをヘッドライトのように使えるのだ。
今回はその座をティカ・プラスに譲り、テント内のライトとして上からぶら下げた。ヘッドバンドをそのまま活かすことが出来た。

2005_0715_180334AA.JPG
テント内室温:19℃

この時、テント内で19度だったから外はもう少し涼しかっただろう。サスガ、標高2.115m だ。
長袖のシャツの上に長袖の上着を着てちょうど良かった。この時期の都内では考えられないね。


さあ、準備は OK だ。優雅な夕食を始めよう!
まずは前菜としてカマンベールチーズと生ハムからスタート。ビクトリノックスのナイフで4つに切り分けた。
カマンベールも生ハムもイタリア人ではないがエクストラバージン・オリーブオイルをかけてみた(w
小さな保冷ボックスに凍らせたアミノ酸飲料を保冷剤として入れて持ってきたが、昼間の炎天下での大渋滞で生ハムはチト嫌なカンジに。。。 でもフツーに食べたケド。

お酒はワイン。我が家のハウスワイン(と言ってもワインは僕しか飲まないのだが)のオーストラリア産赤ワイン。テーブルワインの“Voyage to Australia”
ペットボトルに移して持って来た。500ml。少し多かったかな。

antipast.jpg

前菜とワインを楽しみつつお湯を沸かす。今日はスパゲティにした。ソースはレトルト。蒼の洞窟のミートソース。フツーにウマかった。

2005_0715_191838AA.JPG

この頃には夜の帳も完璧に降りた。タープに包まれた空間が僕に安らぎを与えてくれている。時間はゆったりと流れ、優雅な夕食だった。

drink_time.jpg

そしてその後はこれもゆったりと“み〜のタイム” 僕の好きなバーボン、アーリータイムズをナルゲン(だったと思う)の小さなボトルに入れて持ってきた。
フリスク(フラスコ)やスキットルにでも入れてくれば“気分”なんだろうけど、生憎持っていない。“いいちこ”の小さいボトルがフリスク様の大きさ・形かつ透明で中も見えるので最初コレに入れてみたんだが、どうにも重い。で、機能重視でナルゲンに。

おつまみはマカダミアナッツの入ったチョコレート以外はほぼジャスコ/イオン製。ビーフジャーキーとドライソーセージ、それにミックスナッツ。何気に良かったのは写真に写っている“花らっきょう”(w 実は翌朝のカレーライスの薬味として持ってきたんだけど、意外とつまみとしても優秀だった(w

21:00
良いカンジにクルクルに酔っ払い、就寝。オヤスミなさい。

八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 4/ 白駒池_05-07/15(金)・16(土)

*Attention:写真は右クリック(Windows の場合)して“新しいウィンドウで開く”がオススメです。

15:25
いよいよ 18.5kg のザックを背負って歩く時が来た。
と言っても予定を変更したので白駒池までの 30〜40分程度の歩きだ。普段遣いのショルダーバックなど快適装備も持った。
麦草ヒュッテからトレッキングルートに入って行く。

2005_0715_152544AA.JPG

短時間というコトでシューズも運転時にも履いていたラクチンシューズ。スパッツもなし。コレが失敗だった。イキナリぬかるんだ地面・道で靴はグチャグチャ。。。
(´・ω・`)
でも、スグに“もののけ姫の世界のような”北八の苔むした雰囲気に感激。

15:35
2005_0715_153542AA.JPG

程なく鬱蒼とした森の中から開けた場所に出た。地面が大きな岩石でその上に歩きやすい木道が渡してある。
18.5kg のモンベル・バランスライト40 を背負って歩くのは初めての体験だがコレだったらもっと長距離でも歩けそう。
この木道部分を抜けるとメルヘン街道白駒池駐車場からの道と合流。広い道で快適なトレッキングルートといった趣き。
やがて白駒池を挟んで向かい合う白駒荘と青苔荘を分ける分岐に合い、キャンプ指定地のある青苔荘方面の左へ。

16:00 白駒池・青苔荘キャンプ指定地、到着!!!

スグに受付を済ませた。「明日の予定は?」とか訊かれて、そんなコト訊かれるんだ、と思いながら、「雨池から双子池方面、北八を歩こうと思っています」などと答えた。
缶ビールを一本購入。350ml で500円也。
「焚火は一切禁止です」なぬ〜ッ! 焚火ダメなの〜? ダメじゃん。。。
(´・ω・`)
一瞬、やっぱりここはやめて八千穂高原の駒出池キャンプ場に移動しようかとも思ったが、もう16時。また今歩いて来た道を戻って駒出池に行くのはチトキツい。このままここで幕営するコトに決めた。

幕営地を一通り歩き、この辺が良いかなというところにザックを下ろした。
短時間とはいえ、18.5kg はサスガに重かった。

sack.jpg

たまごサンドとコーヒー牛乳、ビール等を持って白駒池へ。のんびりした。
辺りには誰もいない。ただ風のそよぐ音と鳥の鳴き声だけが聞こえる。
この時間帯が薄日も差し、八ヶ岳に入ってから最も天気が良かった。
のどかだ。
(僕は双子の娘の一人に和果/のどかと名付けている)

leaf_and_skies.jpg

2005_0715_161752AA.JPG
向こう側に見えるのが白駒池を挟んでもう一軒の山荘、白駒荘

2005_0715_162800AA.JPG
白駒池:標高2.115m

16:45
充分のんびり・満足したところでテントサイトに戻った。設営だ。
サイトは柔らかい土で平坦。北八らしく少し湿っている気がした。(気がするだけかもしれないが)
いよいよランドブリーズ・ソロ初張り(w
モチロン、設営は簡単。四隅にシームシーラーを施す。

LB-solo@Sirakoma-ike.jpg

ここにランブリ・ソロにピッタリのヘキサタープ:ペンタを張れないことは実に残念だ。あまりの軽量コンパクトさに、現在我が家で行方不明中なのだ。
代わりにモンベルの UL 輪行シートを張った。

2005_0715_173228AA.JPG

初めてだったので設営自体を楽しんだ。今夜一晩の標高2.115メートルのソフトハウスの出来上がり。ペンタの代わりのモンベルのシートも結構良いカンジで張るコトが出来た。さぁ暗くなる前に夕食の準備をしよう。

八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 3/ 予定変更!白駒池へ_05-07/15(金)・16(土)

*サムネイル表示の画像は右クリックして“別窓で開く”がよろしいかと

14:00
渋滞にハマりロスした時間を少しでも挽回すべく昼食も摂らずに走り続けてしまった。ココでセブン-イレブン南牧野辺山店に入りたまごサンドとコーヒー牛乳を購入。行動食っぽく運転しながら食べようと思ったが、実は具がはみ出さんばかりで食べ辛そうなコトが判明。←ってか最初っから分かるだろ。。。

14:40
141号佐久甲州街道松原湖入口で左折。県道480号に入るとスグに松原湖。ここの駐車場に停めて今後の行動を決めた。

Fit@Matsubarako.jpg

色々シミュレーションした。
残念だけど朝イマイチ早く出られなかったコトに加えて大月・勝沼間で2時間の大渋滞に捕まった時点で予定の本沢温泉での幕営は諦めなければならなくなったようだ。
ちなみに 141 を走っている時に西方面/左折すると稲子湯や本沢温泉に行けるのかと思ったけど、そのような案内・標識の類は見なかった。一旦この 480 に入って北から南下しないといけないのかもしれない。どなたかご存知の方、教えていただけると嬉しいです。

さて、今日本沢温泉幕営を諦めるとすると、どうしたものか?
結局、ここからも近い白駒池で幕営、明日も予定を変更し、所謂“北八”にでも行ってみようか ということにした。

ちなみにコレは後からだから言えるコトだけど、ガンバって“本沢温泉入口”まで行って登れば17時過ぎには本沢温泉幕営場には着けたかもしれない。夏場なので OK かもしれないが、でも、やっぱりコレは結果論。初めての場所でもあるし、15時か遅くても16時には目的地に到着していたいところだ。

2005_0715_143848AA.JPG
松原湖自体は言っては申し訳ないけど、“田舎の商業主義的な湖”といったカンジであまり良い印象ではなかった。たまごサンドとコーヒー牛乳を持って降りたがここで食べる気にはなれず、スグに発った。

480から国道の 299 号線:メルヘン街道に入り白駒池を目指した。しかしこの辺りのワインディングロードはキモチが良かった。思わず頭の中で“Everyday is a winding road”とメロディが鳴る。

白駒池到着。エッ?駐車場有料なの?(\500) そんな駐車場ならいいですよ。というコトで麦草峠へ。

Fit@Mugikusa-toge.jpg

15:05
メルヘン街道最高地点。国道最高地点ではなかったっけ?

2005_0715_150558AA.JPG

スグに麦草ヒュッテ。その隣に公営の無料駐車場(30台)があり、そこに Fit をデポした。
車を自分から離れた所に一晩デポするというのは初めての経験だ。少し心配。

走行:219.7km

Fit@Mugikusa_parking.jpg

八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 2/ 大月〜勝沼 事故で大渋滞。。。_05-07/15(金)・16(土)

*Attention:写真は右クリック(Windows の場合)して“新しいウィンドウで開く”がオススメです。

高井戸からそのまま中央道に入り、やはり「大月〜勝沼 事故通行止め」の表示はずっと出ていた。こりゃマイッた。

11:00
談合坂サービスエリア到着。ここでハーゲンダッツ>ラムレーズンを食べながら作戦を練る。
2005_0715_110202AA.JPG
写真ピンボケスマソ

まぁ作戦って言ったって大月で降りて勝沼まで国道20号/甲州街道を使ってまた中央道に乗るしかないんだけど、、、 途中せっかくなんでどこかでお昼ご飯を食べる程度か。

ところが、そう簡単な話ではなく、談合坂 SA を出るとスグに渋滞。大渋滞。。。 で、大月まで降りられないのだ。「7km 90分」とか表示が出ている。。。 実際のところは 3km 程だけど、そんなに時間かかるのか。。。

最初はチョロチョロ走っていたんでまぁ良かったんだけど、途中完璧に動かなくなってしまった。そのまま30分ぐらい全然動かず、ホント、マイッた。。。

タイヤが回っていないとオルターネ―ター/発電機も回らずバッテリー上がってしまうとビビッたオレはオーディオも止めてエアコンも止めた。窓は全開にしたけど暑い中ホント、タフだった。精神的にもキツかった。情けない話だけど気分悪くなりそうだった。

なお、後日調べたところによるとオルタネーターはエンジンが動いていればそれで発電しているので、タイヤが回っていなくてもアイドリングさえしていれば OK だった。
まぁ、そうじゃなかったらああいう大渋滞の時はみんなでバッテリー上がっちゃって大変だよなぁ〜。
停まると自動的にエンジン切れちゃう“アイドリング・ストップ”のバスとかはどうしてるんだろう。ちゃんとその機能オフれるのか。

ようやく大月 JCT&IC 。やっと出られる。ところが、急に右側の車線が走り始めた。
コレはもう、タイミングだけど、どうやら“通行止め”が解除されたようでそのまま走れるようになったらしかった。ツイてる。良かった良かった。

事故の形跡は全然なかったが笹子トンネル辺りでの事故だったのだろうか。

その後しばらくはちょっと渋かったけど段々快調に走れるようになり、距離を稼いだ。

13:20
2005_0715_132020AA.JPG
ようやく双葉 SA 着。トイレを済ませ、水だけ補給してまた出発。

その後は問題なく走行し、須玉 IC で中央道を降りた。

八ヶ岳にはずっと憧れていた。
以前から時々来てはいた。ともぴと一緒に、あるいは単独で、当時の愛車 Honda CR-X delsol で。
大体いつも小淵沢で降りてあの辺りの所謂“リゾート地”で遊ぶ程度だったので、本当の意味での“アウトドア・アクティヴィティ”ではなかった。せいぜい清里の清泉寮付近の快適なトレッキングルートをちょっと歩く程度だった。
今回は本当の八ヶ岳、ディープ八ヶ岳に歩いて入って行くのだ。須玉で降りたのも初めてだった。

国道141号線/佐久甲州街道が JR 小海線と千曲川に沿って走る海ノ口の辺りの千曲川はフライフィッシングをしたらキモチ良さそうだった。実際竿を振っている人もチラホラと見受けられた。あの川が千曲川だというコトは帰ってから知ったんだが。。。

八ヶ岳・本沢温泉に行こう!> Part 1/ プロローグ_05-07/15(金)・16(土)

Attention:写真は右クリック(Windows の場合)して“新しいウィンドウで開く”がオススメです。

【予定】
● 1日目
車/ツーリング
・首都高速〜中央道:須玉IC
・国道 141 号線/佐久甲州街道
・清里 ランチ@モスバック
・141 号 野辺山〜松原湖
・松原湖入口左折 県道 480 号へ
・稲子湯入口で左折 稲子湯方面へ
・みどり池入口駐車場で車をデポ

歩き/トレッキング
・みどり池入口
1:00
・みどり池・しらびそ小屋
1:10
・本沢温泉 15〜16時到着予定
・本沢温泉入りまくり(w

● 2日目
・本沢温泉入湯・発
・新砂新道
  1:30
・稜線
  0:25
・東天狗
  0:40
・中山峠
・黒百合ヒュッテ ランチ

・中山峠
  0:20
・三叉路 右/東 にゅう方面へ
  0:50
・にゅう
  0:35
・石楠花屋根上
  1:30
・みどり池入口

*周回コースが組めるので車の時にはとても良い





普通、山とか釣りをやる人は朝が早い。ところが、気合いが足りないのかいつもあまり早起き出来ない。。。 今朝もフツーに6時起き。ももりとのどかとともぴを送り出してからようやく当日の準備が仕上がった。
9:15

2005_0715_091412AA.JPG
ザックの重さは 18.5kg になった。

車に荷物を積み込んで出発出来たのは 9:30 になってしまった。。。
2005_0715_093047AA.JPG

朝見た時はレインボウブリッジの上はスカスカだったけど、出発の時には橋の上みっちり渋滞してしまっていた。。。
(´・ω・`)
レインボウブリッジに来ると実際表示は渋滞。。。 このパターン多いんだけど、レイブリでは首都高に入らずそのままスルー。でも、一般道もかなり渋かった。出発が30分違うと全然違うんだろうけど、いつも早起き出来ないオレ。。。

芝公園から首都高に入ったケド、やっぱりチト渋い。C1 から新宿線に入るときに「大月〜勝沼 事故通行止め」と何やら不吉な表示が! マヂかよ〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。